ボルダリングの基礎知識から実践テクニックまで、幅広く情報発信していきます!

ボルダリングの上達のコツを動画で紹介!~ホールドの持ち方編~

ボルダリングにはまりだすと、「どうしたら早く上達するのか?」

というふうに考える人がほとんどだと思います。

 

始めたばかりの人はどうしても、クライミング経験が少ないため

ホールドの持ち方や、ムーブの種類を使いこなせないため、

登り方がワンパターンになりがちです。

 

そこで今回は、ホールドの持ち方について学んでおきましょう!

 

スポンサードリンク

 

ホールドの持ち方について

 

ホールドは様々な形があり、これを正しく持つことが、

ボルダリンクの上達への第一歩!

 

握力任せで適当に持っていると、指や腕に負担がかかり、

すぐにバンプアウト(筋肉が張ってホールドが持てない状態)

して登れなくなるからです。

 

様々な形状があるので、各ホールドに適した持ち方を覚えましょう。

また、ホールドの向きに合わせて体の位置を変えたり、

身体の位置に合わせて最適なホールドを選択したりすことも大切。

 

何度も登るうちに、指や腕に負担のない体の動し方を覚え、

指の保持力もつくので一見持ちにくいホールドも持てるように なります。

 

スポンサードリンク

 

 

①ガバ

初心者が登る課題(7~10級)の多くはこちらのホールドが

中心に構成されていますね。

ホールドの特徴としては、上部にくぼみがあり、

かなり持ちやすい形状のホールドです。

 

全部の指がすっぽり入るものもあれば、3~4本しか

入らないものもありますが、かなり持ちやすいので

しっかりと指を入れてしまえば安定して持てますよ。

 

②カチ

第二間接を立て、薄いホールドに指の腹を密着させる。

さらに指 同士をギュッとくつつける。

親指は人差し指に乗せると安定する。

 

ホールドの幅に合わせて手のひら全体で持とうとしても、

薄いので 力が入らない。

指を繍くと力が分散してしまうので、きちんとくっつけよう。

 

 

解説動画

 

③ピンチ

両サイドを挟むように持つホールド。

親指とそのほかの4本の指で挟むように持つ感覚。

親指が一番指の面積も広く力が入りやすいので、

親指でしっかりと支えることが大事。

 

 

④パーミング

全体がのっぺりとカーブしていて、引っかかりが薄いホールド。

初めて登る場合などは、どのように持てば良いかとまどいがち。

 

指同士を密着させて手のひら全体で持つ感覚が大事。

指の第一関節に力を入れて、ひっかけながら押さえつけると

安定感が増すことも。

 

注意点としては、腕が曲がってしまうと滑って離れて しまうので、

なるべく体を下げて、腕を伸ばした状態に するのがコツ。

 

また、ひじはなるべく曲げず、指は密着させ、脇をしめる こともポイント!

 

解説動画

 

 

⑤ラップ

ドアノブのような変わった形のホールド。

ガバを横から持つようなイメージでつかむと

信じられないぐらいしっかりとつかむことができる。

 

片手でぶらーんとぶら下がることもできちゃいますw

 

突起をつかむように握ってしまうと、指や腕に負担が

かかってしまうので、注意が必要!

 

解説動画

 

⑥ポケット

一部分がくぼんでいたり、ぽっかりと穴が開いていたりする ホールド。

手の大きさによって入る本数が変わりますが、

なるべく多くの指が入るようにするのがポイント。

 

指の入る本数で、

ワンフィンガー、ツーフィンガー、スリーフィンガー と持ち方を呼びます。

 

2本指で持つ場合、中指と薬指か、中指と人差し指で。

それ以外の指はホールドに近づけない。

 

中に入っている2本指以外の指がそばにあると2本指に 力が入らず、

腕にも負担かかるので、思い切って 2本指に任せるのがポイント。

 

 

 

⑦アンダークリング

ガバが下側についたような形状のホールド。

身体側にひくようなイメージで持つと安定して持ちやすい。

基本的には身体の位置が上にあればあるほど安定する。

 

 

⑧ガストン

親指が下側に向くように持つホールド。

斜め上向きについたホールドを、体の外側に 向かって

押し出すように持つのがポイント。

 

 

⑨サイドプル

こちらのサイドブルは、ガストンとは反対に、

横向きについたホールドを体の内側へと引く持ち方。

 

 

⑩プッシュ

プッシュは、ホールドを下方向に押し出すようにして効か せる持ち方。

ホールド上部に手を当てて体を押し上げよう。

また、しっかりと腕を伸ばした状態にすることが安定する ポイント!

 

 

 

 

 

⑪ジャミング(おまけ)

人口壁ではあまりお目にかけることは少ないが、

自然石では多くあるこのジャミングと呼ばれる、

岩の隙間をモチーフにしたホールド。

 

手をくぼみの中に入れてすぼめれば、

引っかけるような 感覚でホールドでくぼみの上部を

使ってラップのように 持つものも。

 

参考動画

 

最後に

ホールドの持ち方や名前は登っているうちに自然と

覚えていくとは思いますが、

最初は全く知らない 言葉ばかりで戸惑うと思います。

 

説明されたときにどういう持ち方を言っているのか

理解できる 程度で覚えておくといいですよ~。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー