ボルダリングの基礎知識から実践テクニックまで、幅広く情報発信していきます!

ボルダリングの意味ってそもそもなんなの?

 

「ボルダリング」と聞いてすぐに意味が分かる人はそうそういないと

思います。

※ わかる人は相当英語が達者な人か、マニアックな雑学王でしょうw

 

ボルダリングはフリークライミングの一種です。というと、

「じゃ、フリークライミングって何?」って話になると思いますw

 

では、ボルダリングの説明をする前に、フリークライミングという

言葉を学んでおきましょう。

 

フリークライミングとは、「道具を使わず登ること」をいいます。

ロープやカルビナは落っこちたときに命を守るための道具であって

登るために使う道具ではないのでここで言う「道具」にあたりません。

 

スポンサードリンク

 

ロープはこんなの↓

<画像>

 

カルビナはこんなの↓

<画像>

 

反対に、道具を使って登るクライミングは「エイドクライミングと」

言われており、ロープ自体をつかんだり、アブミと呼ばれる

縄ばしごのようなものを使って登るタイプのクライミングです。

 

<画像>

 

そして、フリークライミングにも2つの分野に分かれており、

「ルートクライミング」「ボルダリング」があります。

 

両者の違いは、ズバリ「ルートクライミング」は、命綱として

「ロープ」を使って登りますが、「ボルダリング」は命綱の

「ロープ」も使わずに登ります。

 

「え?ロープを使わなかったら危ないんじゃないか!?」と思うかと

思いますが、安心して下さい、地面に分厚いマットをひいてますので、

落ちても大丈夫なんです。

 

また、「ボルダリング」の場合、高さが3~4メートルほどなので

よほどの高所恐怖症じゃ無い限り、高さに対する怖さを感じることなく、

クライミングを楽しむことができますよ。

 

もともとボルダリングの由来は、英語で、低い岩を意味する

「Boulder/ボルダー」という言葉があり、低い岩を登ることから

「Bouldering/ボルダリング」に派生したと言われています。

 

また、安全性を重視し、危険性や冒険性を排除したクライミングのことを

「スポートクライミング」と呼びます。

※「スポーツ」の間違いかと思いましたが、複数ではないからスポーツが

間違いだそうですw

 

そんなことから、人口壁のボルダリングもこのスポートクライミングに

該当します。

 

「リードクライミング」と「ボルダリング」はどちらも

フリークライミングというジャンルでは同じですが、

必要となる道具(大きくはロープ、カルビナ)が違い、

 

シューズとチョークさえあれば、気軽に簡単に登れるという意味では、

お手軽面で、やはりボルダリングが勝っているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー